ピラティスの由来

ピラティスという言葉を聞いたことはありますか?

このブログを読んでいる方は一度は聞いたことがあるかもしれません。ピラティスとは、ドイツの看護師ジョセフ・ヒューバタス・ピラティス氏がリハビリを目的として生みだしたエクササイズ法です。彼は幼い頃体が弱く、喘息やリウマチ熱などの病気に何度も悩まされました。

そんな病弱な身体を鍛えるためにボディビルディング・体操・スキー・ダイビングなどスポーツを始めます。

そして、様々な効果的な要素を取り入れた独自のピラティスというエクササイズを作り出したのです。

その後彼は、第一次世界大戦で負傷した兵士の看護師としてリハビリをするという役割をしました。

負傷兵のリハビリなので、ベッドに寝たきりのまま、いかに体に負荷をかけずに回復させるかが重要です。

寝たきりが続くと筋肉が固まり衰え、体力・気力共に低下をしてしまいます。

そのため、彼が行ったことは、筋肉が固まらないように、手足のエクササイズや背骨のストレッチ、カラダの奥の筋肉(コア)の強化をしながら運動不足を解消するもといったエクササイズでした。

これがのちのマットピラティスの元となっています。

そして、これらのエクササイズを広めるために、ピラティスはジムを開くとすぐにダンサーたちに理解され、徐々に広がっていくこととなりました。

2000年にはアメリカをはじめとする欧米で広く知られるようになります。

現在のアメリカでも三大エクササイズの1つとして人気を集めいています。

それが日本にも伝わり女性を中心に人気が高まっています。

ピラティスはリハビリ発症ですが、現在ではダイエットエクササイズとして注目されています。

当ジムでもピラティスのエクササイズを取り入れ、カラダのコアをトレーニングし、基礎代謝を上げ太りにくいカラダづくりを行います。

コアを鍛える事で、姿勢が正しくなり猫背の改善や、ぽっこりお腹の改善につながります。スマホやパソコンの普及でカラダが丸まっている人を多くみかけますが、そのような方におすすめしたいですね。

しっかり無理なく継続してトレーニングすることで、リバウンドも防ぐことが可能です。

ぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です