腰痛改善『腰痛になる原因の8割が〇〇にある』

腰痛には多くの人が悩まされ、病院に行っても医師に

『ぎっくり腰ですね、しばらく安静にしてください』

と言われるのが目に見えています。

私もトレーニング中に腰を怪我した経験があり、それはそれは重症でした。

普通に歩けるまでに3ヵ月、全治6か月かかりました。。

腰痛経験者あるあるですが、

目が覚めて起き上がるのに数分かかります。

顔を洗いたくても、腰を曲げられず呆然とします(笑)

ぎっくり腰とは実に都合の良い表現で、

腰痛の原因は様々なことが挙げられます。

例えば、お尻や脚(とくに腿裏)の筋力が弱まることで腰に負担がかかってしまったり、

骨盤が後傾した状態で重いものを持ったりすると腰痛を発症します。

ここから先はおそらく知られていないけど、大切な部分です。

腰痛を発症する主な原因

実はその原因の多く(7~8割)が『メンタル』による影響と言われています。

メンタルが不安定なときや、ストレスを受けている場合、体内の血流が悪くなっています。

血流が悪くなると、筋肉の疲労物質が流されず、筋肉が凝ってしまっている状態になります。

この、筋肉が凝った状態が腰痛の原因になると言われています。

当然その状態で無理な動きをしたらもちろんですが、何気ない動作でもグギッといってしまうのです。

腰痛改善にはどうすればよい?

血流を良くするためにはストレスを無くすことが根本的な改善方法ですが、より具体的なアクションとしては、

・温めてあげる
・ストレッチ

など血流を良くすることで改善されます。

腰痛の症状にもよりますが、無理のない程度の運動・筋トレも腰痛改善にとても良いです。

腰回りの血流を良くするトレーニングを意識してください。

腿裏(ハムストリング)、腸腰筋(腿の上の股関節あたり)の機能を高めることで腰痛予防・改善になります。

暦の上では間もなく春ですが、まだまだ寒い時期が続きます。

ご自身の身体は一生ものですから大切に向き合い、健康レベルを高めていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です