腰痛改善・予防には筋トレが効果的!

腰痛でお悩みの方へ。

日常生活や動作で引き起こされる障害について書きたいと思います。

まず、ここでの障害とは繰り返される運動・動作・ストレスなどによって組織が徐々に破損することを意味します。

徐々に破損するという点がポイントでそのため受傷機転がはっきりとせず、知らない間に組織が損傷し、運動制限や痛みが発生する場合が多いのです。

スポーツではランニングやジャンプ、投球などの動作を繰り返すことによって誘発されます。

起こりやすい障害、部位について今回は腰痛についてご紹介します。

日常生活で腰痛(筋膜性腰痛)になる原因とは?

腰痛は2足歩行を始めた人類の宿命とも言われ、一生の間に6割以上の人が腰痛を経験します。

腰痛の原因の多くは、不自然な姿勢を長く続けたり、重いものを持ったりするなど、腰背筋に痛みと緊張が起こることによって生じます。

普段の姿勢や生活習慣が腰痛を引き起こす原因として大きなカギになります。

また、腰痛で病院に行って検査をしても結局のところどこが悪いのかよくわからない、異常が見当たらないケースが多々あります。

このような腰痛を筋膜性腰痛と言います。

腰の筋肉の過緊張の発生や、それに伴う筋繊維の損傷を起こしたために発症する腰痛症を指し、神経学的検査でも背骨や椎間板などの関節部に異常が見当たらないのに腰に痛みがあるといった症状です。

主な原因は、腰部の単純な筋疲労、腹筋軍の相対的な筋力低下、股関節屈筋群(主に大腰筋)の拘縮・筋力低下です。

筋膜性腰痛予備軍

では、どのような方がなりやすいのか、腰痛予備軍の危険度チェックポイントをいくつかご紹介します。

・長時間椅子に座っていると、立ち上がる時に腰が伸びにくい、または腰が痛む
・長い時間立っていると押しが痛くなっている
・絶えず腰がだるい、重い
・中腰の姿勢で腰が痛くなりやすい
・背筋をまっすぐ伸ばして立つのがつらい(猫背ぎみのほうが楽)
・仰向けに寝る背中が浮いて、手やタオルをそこに入れたくなる
・寝る時は横向きで股関節を曲げて寝るのが楽
・朝起きたときに腰が痛いことが多い
・下腹が出ている

このような症状をお持ちの方は非常に危険ですので、しっかりとした対策が必要です。

腰痛対策

腰痛の対処、予防方法は、まずは痛みの軽減を優先させてください。

その後、体幹部分の筋力・筋持久力の向上と股関節を中心としたストレッチを行います。

関係する部位のみのストレッチだけでなく、全身的に行うことが望ましいですが、股関節・大腿部裏側のストレッチを中心に行うだけでも効果が出やすいです。

痛みが軽減してトレーンングが出来る方は、腹筋と背筋、そして股関節の屈曲と伸展に関わる筋肉を鍛えることで腰痛の予防に大きくつながります。

トレーニングにおいては正しいフォームで行うことが非常に大切です。

そして無理をしないこと!

私は以前、体調が万全ではないときにバーベルを持ってスクワットした際に腰を痛めました。

それはそれはとてつもない痛みで、歩くことが出来ませんでした。

完治に3ヶ月近くかかりましたが、その怪我とリハビリで多くの学びがありました。

失敗から学ぶことってありますよね!

トレーニングされる際には、自己流ではなく専門家であるパーソナルトレーナーにみてもらうのが最も効率的です。

気になることがありましたらお気軽にお問合せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です