春に向けて効率的なダイエットで知っておきたいこと。2/2

ダイエットやボディメイクに興味のある方必見です!

前回の記事では、有酸素運動のみでダイエットする場合、最大の効果を出すには毎日行う必要があると紹介しました。

なぜなら有酸素運動では筋肉は(ほとんど)つきませんので、その時その時の消費エネルギーによって痩せていくことしかできないからです。

有酸素運動をやらない日は、除脂肪が進まず、また毎日同じ距離を走っているだけではそれ以上のカロリー消費は期待できません。

筋肉も落ちていくため基礎代謝が落ちてしまい、さらにカロリー制限をしなければなりません。

ではどうすればよいのでしょうか。

有酸素運動で効率的に痩せる重要なポイント

それは筋力トレーニング+有酸素運動の併用です。

これが最もダイエットに効果的といって良いでしょう。

筋力トレーニングと併用することで、筋肉を落とさず、カラダのラインにメリハリが出て、効率よくダイエット(除脂肪)をスムーズに進めることができます。

筋力トレーニング後のカラダは体内の脂肪をメインのエネルギー源として燃焼するため、体脂肪を効率よく落とすために一番ベストなタイミングとなります。

筋力トレーニング後の有酸素運動を行う時間

20~30分でokです。

筋力トレーニング後は脂肪燃焼モードになっているので、このくらいの時間で確実に効果がでます。

この時の有酸素運動の強度は『おしゃべりができるくらい』のペースで行うことが大切です。

おしゃべりができるくらいのペースなら、そこまできつくありませんよね!

このペースが最も効率よく脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

走っても、歩いても。自転車でもokです。

当ジムではエアロバイクを使い、体重や体脂肪を落としたい方向けにトレーニングメニューに組み込みます。

もう一度お伝えしますが、ポイントはおしゃべりができるくらいのペースで行うことです。

これなら継続できそうですね!

ちなみにボディビルなどの大会に出るような方々は、有酸素運動による筋肉の減少を徹底的に避けます。

徹底した食事管理と筋力トレーニングでカラダを仕上げる場合が多いですので、一般の方とは異なります。

ボディビルなどコンテストに出る方々は、有酸素運動を行い脂肪と一緒に筋肉が落ちてしまう事に対して、

もったいない!

むしろ怖い!

そう思っている方が多いと思います。

一般の方にはもはや理解できない領域で彼らは戦っているのです。

ダイエットで知って得する身体の仕組み

人間のカラダは約7200kcalを消費すると、体重1kg減少します。

走ることで使うエネルギーの概算は、体重kg×走行距離kmをかけたものです。

体重60kgの人が10km走ると600kcalを消費します。

食事などはそれまでのままでも、10kmのランニングを週3回、1か月(14回)続ければ1kg痩せることになります。

ランニングが好きな方であれば、走ることで爽快感を得られます。

また、足の筋肉をリズミカルに使うことで脳内にエンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌され、良い気分になりストレス発散になります。

ちなみに10km走るには普段あまり運動をされていない方であれば、70分~90分ほどかかります。

1kg痩せるために1ヵ月間、週3回10km走るのは大変ではないでしょうか!?

さらに糖質制限などしてしまっては完全にエネルギー不足で普段の生活に支障がでてくる方もいらっしゃると思います。

すぐにでも痩せたい方は有酸素運動+筋力トレーニングの併用、そして適切な食事管理を行うことが良いでしょう。

大切なのは継続です。

ダイエットもボディメイクも楽しくストレスフリーで効率的でありたいですよね!

一番の近道は、プロに任せる事だと思います。

その方が時間もお金も効率的だと思いませんか!?

ご相談お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です