禁断のグルテン

私に限らずきっとみなさんも小麦製品が大好きです。

駅前にはパン屋がたくさんありますし、コンビニに陳列されている商品のほとんどは小麦製品です。

パスタはたんぱく質も豊富に含まれていますし、私も大好きです。

これだけ身近な食べ物でありながら、実はあなたの健康をむしばんでいるかもしれません。。

グルテンの何がダメ?

食物アレルギーも引き起こすポピュラーな食品は小麦と言われています。

セリアック病やグルテン不耐症、過敏性腸症候群、クローン病、潰瘍性大腸炎、神経障害だけでなく、原因不明の体調不良の引き金にもなっているのは間違いないとされています。

いったいグルテンの何がいけないのか?

様々な文献を読み、私なりにかみ砕いて説明をすると、

『グルテンは炎症を引き起こす大きな要因となること』にあります。

グルテンの構成成分の一つでもあるグリアジンは、細胞膜に刺激を送りゾヌリンという成分を分泌させます。

このゾヌリンが分泌され続けると、細胞と細胞をつなぐ接着剤のような役割がゆるくなってしまいます。

そこから未消化の食べ物や細菌など、ほんらい出てはいけないものが体内に漏れ、リーキーガットと呼ばれる炎症を引き起こしてしまいます。

さらに血管に入ったゾヌリンは血液にのって脳にまで到達。

細胞間の隙間が開き、有害な毒素が脳内に入ることで、頭痛や集中力の低下、イライラなど様々な不調を引き起こす要因となることが明らかになりつつあります。

しかし分かっていてもやめられないのが小麦製品です。

実は小麦の成分のグルテンには、グリアドルフィンというモルヒネに似た化合物が含まれており、この成分は脳内に入ると麻薬のように中毒症状を引き起こします。

人はもともとグルテンを分解する酵素を持っていますが、近年のグルテンの含有量が増えたことにより全部を分解しきれない人も出てきました。

分解しきれなかったグルテンは人体に悪さをし始めます。

それがグルテン不耐症やセリアック病、慢性疾患を引き起こす一因となっているのです。

カラダの不調を感じる人、健康レベルを上げたいという人は、

何かを足す(加える)のではなく、今摂取しているものから無くす(デトックス)することから始めるのをおすすめします。

まずは現在の食事や生活習慣を見つめ直し、ご自身がどのようなライフスタイルで豊かな人生を送りたいかを考えてみてください。

イライラしたり怒りっぽい人や非行に走る子どもについても、食事内容を改良することで、改善することが明らかになっています。

人のカラダは食べたもので出来ています。

何を選んで食べるかによって、見た目も心も変わるという事実をお忘れなく!

カラダは一生ものです。

健康は何物にも代えがたい大切な人生のテーマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です