食材に気をつけて健康意識を高めよう!

みなさん鶏肉は食べますか?

鶏肉嫌いな方は意外と多くいらっしゃいます。

私はたくさん食べます!
やはり胸肉やささみは低カロリー・高たんぱくでカラダ作りの上で欠かせません。

日本が最も鶏肉を仕入(輸入)している国をご存知ですか?

実は日本の全鶏肉輸入量の90%をブラジルから仕入れています。

それだけブラジルの鶏肉は安いのです。

日本の大手商社が大量にブラジルの鶏肉を仕入れ、代理店など販売店を何社か経由し飲食店へ流通されます。

ここから書くことはあくまでも正確な情報ではなく、個人的にちょっとした疑問から調べていく過程で様々な疑惑や危険性が秘めている可能性があるのかな、と思い少し気になりました。

どんな危険性が秘めているのかというとブラジル産の鶏肉は成長ホルモンが投与されている、とか、抗生物質が多く含まれている、といった問題です。

ブラジル農業省は、成長ホルモンの入った飼料を与えることや、注射で直接成長ホルモンを投与することは一応禁止しています。

一方、抗生物質の投与については、病気の予防のための抗生物質は農業省のガイドラインに従って投与することが認められているようです。

なぜ抗生物質の投与をするのか。

その理由の一つは家畜の成長を促進させることだ。つまり抗生物質を家畜に与えることで畜産業者は生産高を上げて収入を増やすことができるからです。

日本ではここ数年で大手ハンバーガーチェーン店などで抗生物質を与えた鶏肉の使用をやめていく方針を打ち出しました。

なぜダメなのか。このまま何もせず、抗生物質を与え続け、あるとき薬剤耐性を持つ鶏から様々な感染症や菌が広がった場合、2050年までに10000万人が感染して死亡するといった発表もあるのです。

詳しいことは専門家ではないので、本当のところはわかりませんが、まず成長ホルモンや抗生物質を与えられている鶏肉を食べえるのは嫌ですね。。

しかしそのような鶏肉が多く日本に流通しているのは確かです。全てを排除するのは不可能に近いかもしれません。

大切なのは少し気にすること、気を付けることの意識です。安かろう悪かろうで、健康を害してはいけません。

肥満の方の多くはファストフードや安価な弁当を良く利用します。カロリー摂取過剰もそうですが、多くの添加物で臓器が疲弊している状態といえます。

原材料を見ると、これはいったいなんだ!?という添加物がたくさん入っていますね。ちょっと食材に気をつける、ちょっと運動してみる、それだけで生活の質はグッと上がるはずです。

ちなみにコンビニに置いてあるサラダチキンは味の種類も豊富でいいですね!

さて今日も鶏肉をいただきます!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です