40代・50代からの筋トレは遅すぎて意味がない?

先日、クライアントさんとセッション中に吉永小百合さんの話題になりました。

いろいろ調べてしまいました。

吉永小百合さんは現在74歳。

70代から筋トレを始めたそうです。

そして『筋トレが楽しい』とおっしゃっています。

吉永さんは25kgのバーベルをかついでスクワットをされているようです。

数年かけて筋力アップされたのですね。

その努力と挑戦する姿勢は尊敬に値し、たくさんの人たちに良い影響を与えたと思います。

しかし本当に凄いですね!!

かつて私が修行していた、パーソナルジムでは

白鳥麗子でございます、の松雪〇子さんや

元宝塚の、真矢〇きさんなど

有名な女優の方々がトレーニングされていました。

息切れして座り込む程です。

トレーニングを通じてご自身のカラダと向き合う時間は大切です。

カラダだけでなく心も鍛えているのです。

40代、50代からの筋トレは遅い?

結論を言うと、40代・50代からこそ筋トレをするべきです。

少し理屈っぽい事を言うと(論文などの研究結果を引用すると)、

90歳からでも筋肉の成長・発達が認められた研究報告があります。

人間の体内では細胞が常に分裂して、新しく生まれ変わり再生されます。

つまり生きていくうえで常に筋肉は発達するのです。

さらに筋トレ初心者に朗報があります。

30代まで筋トレをしたことがなく、40代50代になって初めて筋トレをする方は筋肉の合成や成長は早いです。

ほとんどの人が運動をした方が良いとは何となく思っていると思います。

そして思い切って、30分ジョギングして疲れ果て、

やっぱり自分に運動は無理だ!と諦めてしまいます。

そんな方は筋トレをするべきなのです!

走るのが苦手な方は、筋トレに向いているかもしれません。

これから忘年会シーズンです!

たくさん食べたらトレーニングで燃焼してしまいましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です